志賀町観光ガイド トップページへ サイトマップへ
■見どころ
>祭を見よう
八朔祭
堀松綱引き祭り
おしょうらい
県下太鼓打競技大会
祭を見よう

おしょうらい
子どもたちが演出する旧盆の行事

海岸を埋め尽くす大松明

海岸を埋め尽くす大松明
「おしょうらい」とは、精霊様(しょうらいさま)つまり先祖の霊を呼び寄せる意味の火祭りのことで、地元では「おしょらい」とも呼ばれています。
毎年八月十三日の夜、町内の海岸べりに立てられた松明柱に火がつけられます。
やがてその火が夜空を焦がすようにして燃え上がると、子供たちが「おー、しょうらいしょうらい」などというはやし声を発して、遠い先祖たちを呼び戻すのです。
おしょうらいの迎え火で招かれた先祖の魂は、盆の三日間家族とともに過ごすと言われています。
盆の行事も近代化していく今日、素朴な伝統と先祖を敬う心のこもったこのような行事が受け継がれていることに何となく心が安らぐ感じです。

開催場所 志賀町内各海岸
開催日 8月13日前後
Copyright (c) 2006 志賀町観光協会. All Rights Reserved.